■レッドキャベツでTポイントサービスが終了 他

 ※ポイントカード・マイレージ・クレジットカード・電子マネーに関するニュースは
  「ポイ探ニュース」をご覧ください。
 ※新規キャンペーン等ございましたら「お問い合わせ」からご連絡ください。
 ※ポイ探に記事を提供してくださっているブログは「記事提供ブログ」をご覧ください。
 ※コラム・記事のランキングは、「コラムランキング」をご覧下さい。

コラム&ニュース内検索:

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

●レッドキャベツでTポイントサービスが終了

2020年02月20日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スーパーマーケットのレッドキャベツでは、2020年3月17日(火)でTポイントサービスを終了する。 レッドキャベツでの支払時にTカードを提示すると200円(税抜)につき1 Tポイントが貯まり、貯まったTポイントは1ポイント=1円として利用できた。 3月17日(火)の各店舗の営業時間でTポイントサービスが終了となる。屋形原店のみ、3月20日(金)の終了だ。 3月18日(水)以降は、その他のTポイント加盟店で利用する事ができる。

"レッドキャベツでTポイントサービスが終了" の続きを読む »

(記事提供者:ポイ探ニュース)

"レッドキャベツでTポイントサービスが終了"のパーマネントリンク »
この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )

●えきねっと、えきねっとポイントからJRE POINTへの交換単位を変更 えきねっとポイントをJRE POINTに統合

2020年02月20日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
えきねっとでは、2020年2月20日(木)より、えきねっとポイントからJRE POINTへのポイント交換単位を変更した。 えきねっとポイントは、えきねっとの対象サービスを利用すると獲得できるポイントとなる。貯まったポイントは、JRE POINTに交換したり、「びゅう商品券」「Suicaカード」などの賞品と交換可能だ。 JRE POINTへの交換は、従来50ポイント以上10ポイント単位での交換だったが、2ポイント単位で交換できるようになった。 なお、2021年春以降に、えきねっとポイントとJRE POINTを統合し、8月31日(火)でえきねっとポイントサービスを終了する。

"えきねっと、えきねっとポイントからJRE POINTへの交換単位を変更 えきねっとポイントをJRE POINTに統合" の続きを読む »

(記事提供者:ポイ探ニュース)

"えきねっと、えきねっとポイントからJRE POINTへの交換単位を変更 えきねっとポイントをJRE POINTに統合"のパーマネントリンク »
この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )

●au PAYのキャンペーン上限が1日当たりの上限が6,000ポイントに

2020年02月20日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
au PAYでは、2020年2月10日(月)より最大7万円トクできるキャンペーンを実施しているが、2月24日(月)より、1日当たりの上限を設定すると発表した。 [blogcard url="https://www.poitan.jp/archives/59761"] 3つの期間中に、au PAYを利用すると、それぞれの期間中に3万ポイント、3万ポイント、1万ポイントの上限があり、月曜日〜日曜日までの1週間の間で、還元額が10億円になった時点で終了となっていた。 10日の週は火曜日(2日間)に終了、17日の週は月曜日(当日)終了が発表されるなど、多くの利用者がキャンペーンを利用していた。 1期間目の最終週である24日以降は、1 au IDで還元される上限が1日6,000ポイントまでとなる。従って、1日の還元は3万円利用分までが対象となり、従来の15万円利用分(3万円)よりも大幅に下がる事になる。 期間中の上限は3万ポイントまでのため、期間中の5日間で最大の3万ポイントに達することになる。

"au PAYのキャンペーン上限が1日当たりの上限が6,000ポイントに" の続きを読む »

(記事提供者:ポイ探ニュース)

"au PAYのキャンペーン上限が1日当たりの上限が6,000ポイントに"のパーマネントリンク »
この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )

●利用可能枠や利用可能額って何? 利用可能枠・利用可能額の確認方法と見方

2020年02月20日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっと大きな買い物をする際に気にしなければならないのがクレジットカードの利用可能額だ。通常、クレジットカードは限度額が設定されており、その限度額以上利用しようとしても利用できなくなる。 利用可能額・利用可能枠とは? クレジットカードには、その人が利用できるカードの金額「利用可能枠」があらかじめ決まっている。例えば、以下のカードの場合は、カードで利用できる最大の金額「利用可能枠」が3,000,000円と言う事がわかる。その内、リボ払いは2,000,000円、分割・2回・ボーナス払いも2,000,000円まで利用可能だ。全て合わせて7,000,000円使えると言うわけではない。 「利用残高」には、現在の未請求金額が反映されている。これは、加盟店からの売上伝票が届いていない分も含まれ、カードを利用すると、すぐに反映される。従って、利用明細と利用残高は一致しない場合もある。上記の場合は、照会時点で2,619,000円を利用していることがわかる。 「利用可能枠」と「利用残高」の差が「利用可能額」だ。つまり、3,000,000円から2,619,000円を引いた金額の381,000円を今後利用する事が可能というわけだ。このクレジットカードで400,000円の決済をしようとしても支払エラーとなる。 このままでは利用可能額がどんどん減ってしまうが、次の支払時に引き落とされた分が、利用残高から引かれる。例えば、これ以降カードを利用せずに2月26日の引き落としが金額が509,000円だった場合、引き落としが完了すると、「利用可能残高」が509,000円引かれて2,110,000円となり、「利用可能額」は890,000円に増えるという仕組みだ。 上記カードの場合はキャッシング枠がない。キャッシング枠があるカードの場合は、キャッシング枠が表示される。 キャッシングの利用できない場合は、海外で現地通貨を引き出すこともできなくなるため、キャッシング枠は事前に確認しておこう。 [blogcard url="https://www.poitan.jp/archives/25993"] 紙の明細の場合 利用可能枠などは紙の明細でも見ることができる。紙の明細の場合は「利用可能枠」を確認できるが「利用可能額」を確認することができない。「利用可能額」はリアルタイムで変わる情報のため、紙には掲載できないと言う事だろうか。 セゾンカードの場合は「Netアンサー」 セゾンカードの場合はNetアンサーにログインすると、左側メニューに「ご利用可能額照会」のリンクがある。 三井住友カードの場合は「Vpass」 三井住友カードやVJAグループの場合はVpassにログインする。左メニューに「ご利用可能額を確認する」メニューがある。 JCBの場合は「MyJCBJCBの場合はMyJCBにログイン。「カードご利用状況」メニューから「ご利用可能額照会」をクリック。 楽天カードの場合は「楽天e-NAVI」 楽天カードの場合は楽天e-NAVIにログインし、「お支払い(ご利用明細)」の中にある「ご利用可能額」から「ご利用可能額の照会」をクリックする。 MUFGカードの場合は「MUFGカードWEBサービス」 三菱UFJニコスの場合はNEWS+PLUSでそれぞれのブランドを選択する。MUFGカードDCカードNICOSカードの選択を行いログイン。「WEBサービストップ」をクリックすると、それぞれの会員ページにログインできる。 MUFGカードの場合は、左メニューにある「ご利用可能額照会」をクリックする。 ジャックスの場合は「インターコムクラブ」 ジャックスのインターコムクラブにログインし、左側メニューにある「ご利用可能枠・ご利用可能額照会」をクリックする。 セディナビ(OMCなど)の場合は「セディナビ」 セディナの場合はセディナビにログインし、真ん中のメニューにある「ご利用残高・ご利用可能額照会」をクリックする。 ダイナースクラブやTRUST CLUBの場合は「クラブ・オンライン」 ダイナースクラブやTRUST CLUBの場合は「クラブ・オンライン」にログインし、上部メニューの「ご利用状況」から「ご利用可能枠照会」をクリックする。 ビューカードの場合は「VIEW's NET」 ビューカードは「VIEW's NET」にログインし、「現在のご利用可能額」をクリックする。 イオンカードの場合は「暮らしのマネーサイト」 イオンカードは「暮らしのマネーサイト」にログインし、右側のメニューから「カードご利用確認」の「ご利用可能額 残高照会・変更」をクリック。 エポスカードの場合は「エポスNet」 エポスカードは「エポスNet」にログインし、上部メニューから「ご利用状況を知る」の「ご利用可能額・プリペイド残高」にある「ご利用可能額の確認」をクリック。 エムアイカードの場合は「Webエムアイカード会員サービス」 エムアイカードは「Webエムアイカード会員サービス」にログインし、左側メニューにある「各種ご照会・お手続き」から「利用可能額情報のご照会」をクリック。 アメリカン・エキスプレス・カードの場合は「オンライン・サービス」 アメリカン・エキスプレス・カードの場合は現時点で利用できる上限を確認する方法がない。 ただし、「カードご利用可能額の確認」から利用したい金額を入力することで利用できるかどうかの確認は可能だ。 「カードご利用可能額の確認」をクリックすると、利用予定金額を入力するページが表示される。金額を入力後の「確認する」ボタンをクリックすることで判断できる。 実際に確認してみよう。他社カードではなかなか難しい7,000,000円を入力して「確認する」ボタンをクリックしてみる。 利用できる場合は「Good news!」と表示される。   ただし、現時点で利用できると言うだけで、今後カードを利用し続けていくと、利用可能額は変わっていくので注意しよう。 [divide style="3"] 様々なクレジットカードの「利用可能額」「利用可能枠」を確認する方法を見てきたが、トップページからアクセスしやすい位置にメニューがあることがわかっただろう。 カードが利用できないと言った場合には確認してみることをおすすめする。

"利用可能枠や利用可能額って何? 利用可能枠・利用可能額の確認方法と見方" の続きを読む »

(記事提供者:ポイ探ニュース)

"利用可能枠や利用可能額って何? 利用可能枠・利用可能額の確認方法と見方"のパーマネントリンク »
この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )

●[寄稿]ANAは、ANAマイレージモール利用で2,020名様にマイルがプレゼントされるキャンペーンを開催!

2020年02月20日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ANAは、ANAマイレージモールを利用でマイルプレゼントされる「冬のマイルプレゼントキャンペーン2020」を開催しています。
キャンペーン期間は、2020年3月11日(水)まで。

期間中にキャンペーンへの参加登録を行い、ANAマイレージモールで合計20,000円以上(税抜/送料別)利用された方の中から抽選で2,020名様にボーナスマイル500マイルがプレゼントされるキャンペーンです。

マイル積算対象となる商品の購入が集計対象で、複数店舗での購入で複数月をまたいだ場合も、合計金額が20,000円(税抜/送料別)に達した場合は対象です。



提携店舗は、楽天、ユニクロ、ビックカメラ、Apple、Yahoo!ショッピングなど。

"ANAは、ANAマイレージモール利用で2,020名様にマイルがプレゼントされるキャンペーンを開催!" の続きを読む »

(記事提供者:ANAJALマイル、格安航空券情報ブログ!)

"[寄稿]ANAは、ANAマイレージモール利用で2,020名様にマイルがプレゼントされるキャンペーンを開催!"のパーマネントリンク »
この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )
1人中、1人の方が「参考になった」と投票しています。

●ファミリーマート、楽天スーパーポイントが10倍になるキャンペーンを実施

2020年02月19日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファミリーマートでは、2020年2月25日(火)〜3月16日(月)までの間、楽天ポイントカードなどを提示すると10倍の楽天スーパーポイントを獲得できるキャンペーンを実施する。 ファミリーマートで、エントリーの上、期間中に対象店舗で200円(税込)以上の支払時に、楽天ポイントカードや楽天ポイントカードアプリ、楽天ポイントカードを連携したファミペイを提示すると、200円(税込)につき10ポイント獲得できる。 また、同期間中にファミリーマートの一口フライドチキン「ポケチキ」を購入する際に楽天ポイントカード等を提示すると、ポケチキ1点につき20ポイント獲得可能だ。 2月18日(火)からエントリーすることができる。

"ファミリーマート、楽天スーパーポイントが10倍になるキャンペーンを実施" の続きを読む »

(記事提供者:ポイ探ニュース)

"ファミリーマート、楽天スーパーポイントが10倍になるキャンペーンを実施"のパーマネントリンク »
この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )

●マイナポイント事業のキャッシュレス決済登録事業者が発表

2020年02月19日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
総務省が実施する「マイナポイント事業」では、2020年2月19日(水)にキャッシュレス決済登録事業者を発表した。 マイナポイント事業は、9月から実施予定のポイント還元制度となり、事前にマイナンバーカードで設定したマイキーIDと決済サービスを紐付けることで、紐付けた決済サービスを利用すると最大5,000円分のポイントを獲得できる制度となる。 還元率は25%で、2万円分利用またはチャージすると上限の5,000円分のポイントを獲得できる。 2月19日(水)時点では、FamiPay、メルペイ、ほろかマネーサービス、Suica、au PAY、d払い、電子マネーゆめか、J-Coin Pay、CoGCa(コジカ)、りそなウォレットサービス(りそな銀行埼玉りそな銀行、関西みらい銀行)、PayPay、nanaco、LINE Pay、WAON楽天ペイ(アプリ決済)、Bibica、くまモンのICカード、楽天Edy、ナギフトマネー、FKDハイカード電子マネーサービス、オレボポイントカードが本登録された。 なお、キャッシュレス決済事業者の登録申請は3月末まで受け付けており、今後も対象決済事業者が増える予定だ。

"マイナポイント事業のキャッシュレス決済登録事業者が発表" の続きを読む »

(記事提供者:ポイ探ニュース)

"マイナポイント事業のキャッシュレス決済登録事業者が発表"のパーマネントリンク »
この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )

●[寄稿]WPPからGポイントでキャンペーン

2020年02月19日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールドプレゼントポイント(三井住友カード)からGポイントに交換すると、
10000G 5名
5000G 10名
1000G 20名
500G 40名
100G 1000名

に、当たるそうです。

期間は2月29日まで。

"WPPからGポイントでキャンペーン" の続きを読む »

(記事提供者:飛ばないマイラー)

"[寄稿]WPPからGポイントでキャンペーン"のパーマネントリンク »
この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )

●dポイントカードがApple Payに対応 ローソンでdポイント 7倍キャンペーンも実施

2020年02月19日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dポイントカードが、2020年2月18日(火)よりApple Payに対応した。 dポイントカードをiPhoneのWalletアプリに設定することが可能となり、iPhoneやApple Watchをかざすことでdポイントを獲得できるようになった。 iPhoneやApple Watchをかざして読み取ってもらい、Apple Payに登録したiDやSuica、QUICPayで支払うとdポイントと支払時のポイントを獲得できる。なお、「Apple Payで」と伝えて支払うと、dポイントカードの読み取りとApple Payでの支払を同時に行うことが可能だ。 2月18日(火)〜4月17日(金)までの間、Walletアプリにdポイントカードを設定し、ローソンでApple Payで支払うと、dポイントが7倍貯まるキャンペーンを開始した。

"dポイントカードがApple Payに対応 ローソンでdポイント 7倍キャンペーンも実施" の続きを読む »

(記事提供者:ポイ探ニュース)

"dポイントカードがApple Payに対応 ローソンでdポイント 7倍キャンペーンも実施"のパーマネントリンク »
この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )

●セゾンカードとUCカード、対象店舗で毎日3%キャッシュバックキャンペーンを実施

2020年02月19日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレディセゾンは、2020年2月22日(土)〜3月8日(日)の間、セゾンカード・UCカードを対象店舗で利用すると、毎日3%をキャッシュバックするキャンペーンを実施する。 対象カードはクレディセゾン発行のセゾンカードとUCカード。対象店舗の利用金額3%分が5月支配分に充当される。 対象店舗はパルコ、近鉄百貨店、エアトリ、QVC、Qoo10。PARCO ONLINE STOREと近鉄百貨店ネットショップも対象だ。なお、近鉄百貨店については本店・上本町店・東大阪店・奈良店・橿原店・生駒店・和歌山店・草津店・四日市店以外の店舗は対象外となる。 3月末までは、全てのセゾンカードで西友・リヴィン・サニーで毎日3%OFFになるキャンペーンも実施中となる。

"セゾンカードとUCカード、対象店舗で毎日3%キャッシュバックキャンペーンを実施" の続きを読む »

(記事提供者:ポイ探ニュース)

"セゾンカードとUCカード、対象店舗で毎日3%キャッシュバックキャンペーンを実施"のパーマネントリンク »
この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )

«前の 10 件 | 次の 10 件»