■アメリカン・エキスプレスのポイントで横浜スパークリングトワイライトの花火大会イベント「Summer Festival 2018 at 横浜大さん橋」に行ってきた! #amexevent #AmexLife - 寄稿記事

 ※ポイントカード・マイレージ・クレジットカード・電子マネーに関するニュースは
  「ポイ探ニュース」をご覧ください。
 ※新規キャンペーン等ございましたら「お問い合わせ」からご連絡ください。
 ※ポイ探に記事を提供してくださっているブログは「記事提供ブログ」をご覧ください。
 ※コラム・記事のランキングは、「コラムランキング」をご覧下さい。

コラム&ニュース内検索:

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

●アメリカン・エキスプレスのポイントで横浜スパークリングトワイライトの花火大会イベント「Summer Festival 2018 at 横浜大さん橋」に行ってきた! #amexevent #AmexLife

2018年07月15日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカン・エキスプレスでは、同社のクレジットカードの利用で貯まるポイントで花火大会に参加できるイベントを実施している。 [blogcard url="http://www.poitan.jp/archives/38417"] 2018年7月14日(土)には、横浜港大さん橋で「横浜スパークリングトワイライト」が開催され、ポイントで先着順または抽選でクレジットカード払いで申し込むことができるイベント「Summer Festival 2018 at 横浜大さん橋」が開催された。 花火の前にはライブイベントも行われるアメリカン・エキスプレスのイベント「Summer Festival 2018 at 横浜大さん橋」に行ってきたので紹介したい。 横浜スパークリングトワイライトの申込方法 申込はアメリカン・エキスプレスの「オンライン・サービス」の登録が必要だ。指定席コースは1組2名30,000ポイントでの申込か、1組30,000円(税抜)のカード決済、自由観賞エリアプランは1名5,000円(税抜)となる。ポイントの場合は先着順、カード決済の場合は抽選のみだ。 今回はポイントでの申込にした。1人3回(6名)までの申込ができるため、家族分を申し込む。 それぞれのプランの「応募する」をクリックして申し込むことでポイントでの申込が完了する。受け付け終了が6月8日(金)までとなっていたが、それよりも前に終了していた。申込後は、クーポンと案内が送られる。 受付後は食事 当日はクーポンを持って、大さん橋まで行くと、アメックス専用レーンがあり、指定プランか自由プランを聞かれる。進むレーンが違うようだ。右側の指定席レーンを通って、受付でチケットを提示する。 受付後は写真撮影も可能だ。ここで写真を撮っていた人はほとんどいなかったが。 受付で名札と袋をもらい、涼しいホールへ。当日は最高気温が35.8℃と非常に高かったため、冷房が効いたホールは良かった。 袋の中は、食事チケット、パンフレット、うちわ、ゴンチチのパンフレット、アンケート、ポータブルクッション、冷えピタが入っていた。 お弁当は「Chemins(シュマン)」「将泰庵」「なだ万厨房」「wakiya一笑美茶樓」の4つから選択できる。それぞれ、引き換え場所が異なるので、引き換えられる場所でチケットと引き換える。 名札の番号の席が用意されているため、空いている席を探す必要はない。 食事だけでなく、ドリンク(ソフトドリンク・アルコール飲料)も用意され、スナック菓子やアイスクリームなども食べられる。アイスクリームはハーゲンダッツやピノ、スナック菓子はポテトチップスやチュッパチャプスなどが用意されていた。 食事中はホール真ん中でギターやバイオリンの生演奏も楽しめる。ただ、会場が非常に大きいため、席が近くなければほとんど音は聞こえない。 2組のアーティストによるライブ 食事が終わるとライブだ。ライブは[STAGE 1]ゴンチチ、[STAGE2] May J.となる。May J.は、ライブで「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」の英語バージョンを歌っていたが、10年ほど前に横浜アリーナで行われたMISIAライブのオープニングアクトとして出演したときのことを覚えている。それほど歌がうまかった。 このライブは撮影・録音が禁止となっているため、写真はここまで。写真でもわかると思うがアーティストとの距離はかなり近い。 ライブが終了すると、ちょうど暗くなってくる時間だ。横浜の夜景もきれい。 指定席で花火大会! ライブ終了から花火開始まで30分ほど時間があり、その間に水分補給。花火大会の席も決まっているため、場所取りなどは不要だ。正面に浮かんでいるボートから打ち上げられるらしい。かなり距離は近いだろう。 大さん橋には飛鳥IIも停泊していたが、それ以外にもたくさんの船が海に出ていた。船から見る花火も良いだろう。 横浜港氷川丸の汽笛を合図に3,000発の花火が打ち上がる。小型三脚を持って行き撮影したが、なかなか撮影は難しい。 蝶の花火やニコちゃんマーク、キティちゃんなど、様々な花火が上がった。打ち上げ場所も近く、迫力満点だ。 終業後は、夕方よりも暗くなり、横浜の夜景もさらにきれいになっていた。 アメリカン・エキスプレスでは、東京湾花火をグランドニッコー東京でメンバーシップ・リワードのポイントで観賞できるプランを用意しているが、受付は既に終了している。 [blogcard url="http://www.poitan.jp/archives/39670"] 東京湾花火は日付が会わずに申し込まなかったのだが、メンバーシップ・リワードのポイント申込分はあっという間に完売したようだ。 なお、花火大会のイベントは、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードなどのメンバーシップ・リワードのポイントは対象外なので、来年予定している人は注意しよう。

"アメリカン・エキスプレスのポイントで横浜スパークリングトワイライトの花火大会イベント「Summer Festival 2018 at 横浜大さん橋」に行ってきた! #amexevent #AmexLife" の続きを読む »

(記事提供者:ポイ探ニュース)

この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )


●関連記事


●関連ポイント情報 & 掲示板

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

2018/07/15 11:07:45 | 寄稿記事