■アメリカン・エキスプレスのセンチュリオン・カード、プラチナ・カード向けイベント「Fine Dining 50」に参加してきた - 寄稿記事

 ※ポイントカード・マイレージ・クレジットカード・電子マネーに関するニュースは
  「ポイ探ニュース」をご覧ください。
 ※新規キャンペーン等ございましたら「お問い合わせ」からご連絡ください。
 ※ポイ探に記事を提供してくださっているブログは「記事提供ブログ」をご覧ください。
 ※コラム・記事のランキングは、「コラムランキング」をご覧下さい。

コラム&ニュース内検索:

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

●アメリカン・エキスプレスのセンチュリオン・カード、プラチナ・カード向けイベント「Fine Dining 50」に参加してきた

2018年04月21日
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカン・エキスプレスは、2017年12月よりプラチナ・カード会員向けのダイニングイベント「Fine Dining 50」を実施している。Fine Dining 50は50週に分けて予約困難なレストランをセンチュリオン・カード会員、プラチナ・カード会員向けに貸し切るイベントとなる。 [blogcard url="http://www.poitan.jp/archives/35847"] 筆者が予約したときには、まだキャンペーンページでひっそりと告知していただけだが、新たに「Fine Dining 50」の専用webサイトも立ち上がっており、アメリカン・エキスプレスとしても力を入れているイベントのようだ。 年月 店舗名 2017年12月 日本料理 龍吟、SUGALABO 2018年1月 カンテサンス 2018年2月 神楽坂 石かわ、Nabeno-Ism、茶禅華、御料理 宮坂 2018年3月 Restaurant La FinS、鮨 なかむら、銀座 しのはら、TSU・SHI・MI 2018年4月 Florilege、日本料理 太月、AROMA FRESCA、にくの匠 三芳 2018年5月 L′Effervescence、鮨 とかみ、TSU・SHI・MI 2018年6月 緒方、木山、Celaravird、Fujiya 1935、くろぎ、東麻布 天本 2018年7月 虎白、CHIUnE、PELLEGRINO、鳥しき、すし匠 齋藤、TACUBO 2018年8月 日本橋 蛎殻町 すぎた、韓国料理 ほうば、日本料理 晴山、紀尾井町 三谷、匠 進吾、京料理 と村 2018年9月 鮨 たかはし、祇園 にしかわ、HAJIME、鮨 尚充、やまぐち 2018年10月 日本料理 龍吟、いち太、たきや、銀座 青空 2018年11月 La Cime、鮨 ます田、SUGALABO、鮨 あらい、富小路 やま岸、鮨 かねさか 今回、2018年4月のレストラン「AROMA FRESCA(アロマフレスカ)」を予約して当選案内が届いたので紹介したい。 「当選のお知らせ」が届き、内容を確認する。スマートカジュアル、一眼レフカメラはNG、メニューの変更は一切できない、と言うような注意書きが書いてある。 当日、レストランに到着すると、アメックスのキューブ型のオブジェがあるため、すぐに場所がわかる。 席に着くなり、「苦手な食べ物やアレルギーはありますか?」と聞かれ、苦手な食材を伝えると、メニューを変更してくれた。予約ページや案内の書類には、苦手食材やアレルギー対応はしないとあったため、担当者に聞いてみた。 『レストランとしては苦手な食材やアレルギーは早めに確認したかったが、前日までアメックスの担当者と連絡が取れなかった』との事だ。 レストラン側としては、やはり苦手な食材やアレルギーは対応したいようだが、アメックス側でレストランに配慮した形なのだろう。 もちろん、今回のアロマフレスカが親切で聞いてくれただけで、Fine Dining 50の他店ではアレルギーなどの対応はしてくれないのかもしれない。一応、自分が食べられない・苦手食材を使っているようなお店は予約しない方が良いだろう。 続いて、全員が集まる前に、順番に食事がスタート。前回の、JCBザ・クラス 名食倶楽部のようなイベントではなく、単純なレストランの貸切イベントとなる。 [blogcard url="http://www.poitan.jp/archives/35809"] 従って、イベント開始の挨拶があるわけでもなく、普通に予約したレストランで食事するような流れだ。 メニューは、「うなぎとキャヴィアとジャガイモのフィルム」から始まり、「愛知 蒲郡産 赤座海老のクルード」、「房州産 黒鮑のインパッデラ アジアの香り」と続く。 グルメライターではないため、「○○のような…」など表現はできないが、どれも非常に美味しい。 テンポも良く、食べ終わったらすぐに持ってきてくれるため、非常に快適な食事だった。 メインの肉料理は「常陸牛 フィレ肉のアッロースト 新玉葱添え 赤ワインと花山椒風味」。ここまでの量が非常に多く、おそらく食べきれなかった人もいたのではないだろうか。 量について聞いてみたところ、通常のコース料理よりも1、2品多いとのことだ。また、通常コースよりも全体的にボリュームアップしていると言う事だった。 1人45,000円(税込・サービス料込み)だが、ドリンクも含まれていることを考えると、そのくらいの金額になるのかもしれない。次回予定している「プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」もドリンクを考えると同じような金額となる。 [blogcard url="http://www.poitan.jp/archives/37243"] Fine Dining 50は、会員同士の交流会というよりは、予約しにくいレストランを予約できるイベントと考えて、気軽に行くのが良いだろう。上記の表で気になるレストランがある場合は、アメリカン・エキスプレスのwebサイトにアクセスして予約してみて欲しい。

"アメリカン・エキスプレスのセンチュリオン・カード、プラチナ・カード向けイベント「Fine Dining 50」に参加してきた" の続きを読む »

(記事提供者:ポイ探ニュース)

この記事は参考になりましたか? ( はい / いいえ )


●関連記事


●関連ポイント情報 & 掲示板

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

2018/04/21 23:58:13 | 寄稿記事